2012年03月

映画:マイ・バック・ページ

川本三郎がジャーナリスト時代の経験を記したノンフィクションを『リンダ リンダ リンダ』の山下敦弘監督が映像化。
海外ではベトナム戦争、国内では反戦運動や全共闘運動が激しかった1969年から1972年という時代を背景に、理想に燃える記者が左翼思想の学生と出会い、奇妙なきずなで結ばれていく社会派エンターテインメント。
マイ・バック・ページ
公開にまったく間に合わず見逃しまくっていたので・・・
映画館で見れてほんと良かった。
やっぱり映画は映画館かも。
続きを読む

28日目黒・四谷三丁目〜新宿東口ギャラリー巡り

ギャラリーコスモス
第2回東京都写真美術館ボランティアスタッフ写真展 暗室からコンニチハ

gallery SHUHARI
柴田祥子「クルゥド供

TOTEM POLE PHOTO GALLERY
大久保恵 / Okubo Megumi
誰かの温度の夢を見る / want temperature of someone

Place M
平等 Taira Hitoshi「ニガーロボット」
美学校写真工房展

M2ギャラリー
嶋村正吾 Shimamura Shogo
soap bubble

蒼穹舎
大槻幸子写真展「なんでもない日」

コニカミノルタプラザ
A
西村勇人 写真展「No Curiosity,No Life」

B
池口正和 写真展「東京の片隅で」

C
大倉将則 写真展「PRIMROSE 〜選んだ光景〜」

続きを読む

パスタ パスタ

有楽町の小腹に効くお店を開拓。
いっつもサブウェイが基本だったのでナポリンタンでポイント高いところに行ってみました。

銀座インズ3 1Fにあるカウンターのみのお店「ジャポネ」
安い!量がある!ということで行列・・・・。
ナポリンタン注文♪

500円ワンコインっていうのが◎
ウィンナーじゃなくてエビ
ピーマンじゃなくて野沢菜
甘めのソースとやわらかめのパスタ。
おなかが空いててお金が無い時に利用します。
(たいがいこの条件に当てはまりそう〜)

ジャポネ - 銀座一丁目/パスタ [食べログ]
http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002503/
続きを読む

24日 銀座・六本木ギャラリー・アートナイトなど

資生堂ギャラリー
資生堂アートエッグ 入江早耶展「デイリー ハピネス」

ggg
第307回企画展
ロトチェンコ -彗星のごとく、ロシア・アヴァンギャルドの寵児-
2012年03月02日(金)〜2012年03月27日(火)

ニコンサロン
Remembrance 3.11
吉野 正起[道路2011 −岩手・宮城・福島−]

リングキューブ
日本テレビ「ZERO写真展」

BLDギャラリー
Eikoh Hosoe Photo Exhibition 細江英公写真展
第四期 「大野一雄+ロダン」 3月21日(水) - 4月8日(日)

72Gallery
PHOTOBOOK WEEK
−あの人が薦める、見ておきたい写真集−

無印良品有楽町2F ATELIER MUJI
編集のススメ 世界にひとつの本箱 展
監修:鈴木芳雄(『ブルータス』エディトリアルコーディネーター)
協力:矢野優(文芸誌『新潮』編集長)岩渕貞哉(『美術手帖』編集長)

本展では、編集者それぞれの「世界にひとつの本箱」を公開。
第一線で活躍している3名の編集者から、毎日の生活の中で実践するための考え方や技術を学びます。
ジャンルも媒体も個性も異なる、三者三様の「編集の視点」をご紹介します。
「編集」の完成形としての本。それを自分なりに選び、集め、収蔵する本箱。
自分だけの本箱は、持つ人の思想やスタイル、信条が映し出されています。

六本木アートナイト関連 ヤヨイちゃん他チラ見

AKAAKA
ERIC 写真展「LOOK AT THIS PEOPLE」

続きを読む

18日|ギャラリー・コスモス ShINC.MAGAZINE/創刊記念写真展

MAGAZINE
出展予定作家&作品:土田ヒロミ+新山清(vintage print)
蓮井幹生+藤田一咲+ZIGEN+岡嶋和幸+緒方秀美+田口まき+
大和田良+五味彬+横木安良夫続きを読む

17日[RYUGU IS OVER!! 竜宮美術旅館は終わります]

何事にも終わりはあるけれど・・・・
なくなってしまうのはやっぱり切ない。
味のある面白い建物だった。(二回しか行ってないけど・・・・)
んー横浜の建物ってなぜか一回行くと取り壊しになるケースが多い気がする。
次に行ったら無いみたいな。
日劇とかさ。

今空き家が増えているとか。
レトロな建物の再利用がもっと増えればいいのになぁと願う。

あ。感想は・・・
2Fの作品が面白かった。

横浜美術館|松井冬子展 ―世界中の子と友達になれる―

松井冬子の全貌
《世界中の子と友達になれる》ーこの出発点から、松井冬子がどのように自らの表現を突き詰めて来たか
代表的な本画の作品、試行錯誤の軌跡を伝える下絵、厳密に描き込んだデッサンなどに、本展のための新作を加えた約100点
松井冬子展
日曜日終わってしまったけれど、思っていた以上に理解できない内容でも無かったので良かった。

続きを読む

14日ギャラリー巡り[末広町・四谷三丁目・乃木坂]

3331
「つくることが生きること」東日本大震災復興支援プロジェクト展
2012年03月11日(日)〜2012年03月25日(日)
http://2012.wawa.or.jp/

クロスロードギャラリー
松本典子写真展「野兎の眼」

TOTEM POLE PHOTO GALLERY
ジョン サイパル / John Sypal
随写 vol. 1 / Zuisha vol.1

gallery ART UNLIMITED
Msataka NAKANO 中野正貴「失われた地平線」3.11の記憶

六本木画廊
再生の「息吹」vol.2
action 1 テーマ 再生・大事な存在の再認識、思いやる気持ち、優しさ、温もり

続きを読む

3.11 ひらま写真館トーク 「写真と人間」

震災から1年経った2012年3月11日
被災をした塩竈市のひらま写真館で改めて人にとって写真とは何なのか


出演
飯沢耕太郎|写真評論家(宮城県仙台市出身)
吉原悠博|美術家、吉原写真館6代目店主(新潟県新発田市在住)
平間至|写真家(宮城県塩竈市出身)

続きを読む

in塩竈★初

ぶーんと。連れて行ってもらいました。
初!塩竈★とっても楽しかったです。

宿も予定も人任せ。
ひと・食・写真・音楽 いろいろ出会ってまいりました♪

平間さんは終始穏やかに笑ってました。
人をつなげたい。
塩竈に来てもらいらい。
シンプルでアツイ心意気。
マジな49歳。

行ってよかったぁ〜しおがまぁ〜

▲七ヶ浜町 御殿場続きを読む

東京の景色

最近お天気カメラとして東京スカイツリーからの眺めが加わった。
今までの「東京の景色の印象」が変わって行くのかも知れないと思った。

東京タワー・ヒルズを中心としたものをヘリ撮影でゆっくりと流れていく景色か
渋谷から新宿都庁などの高層ビルを写したものがこれまでの東京のイメージ。
今後は
隅田川・荒川の流れる町並みと遠くに新橋(東京タワー含む)・新宿の高層ビル群がメインになっていくのかもしれない。

この景色ってものすごく東京自体を俯瞰しているような気がする。
江戸のはずれから本丸をのぞむような時代劇のワンシーンのよう。
でもヘリを使わなくてもこれだけ俯瞰できればかなりお手軽なんだろうなとも思う。

東京のメジャーな景色が増えることは間違いないと思う。

スカイツリー 地上375mの眺め
NHKニュース  http://nhk.jp/N40V5h6o

萩荘|ハギエンナーレ2012 他[根津〜千駄木・原宿〜渋谷]

うどんを食べに行ったのか
散歩に出かけたのか
なんか久しぶりに不思議な1日だったかもしれない。
根津〜千駄木アリアにモノクロフィルムをつめてスナップも撮ってみた。
これはちょっと楽しみかもしれない。

▼根津〜千駄木
根の津
芋甚
旅ベーグル
萩荘|ハギエンナーレ

▼原宿〜渋谷
ブライダル本間2F|FUKUSHIMARCH 渡部敏哉「3 months later」
SUNDAY ISSUE|TYP Exhibition. 01

続きを読む

3月は暗剣殺

三碧木星 後厄の今年3月暗剣殺らしい。
でもまぁ。そんなの関係ないので動くしかないかなと。

2月はあまりにじっとうじうじしていたので
そろそろと行動しはじめました。

『to ten』のブック作ったり、見てもらったり。
いろいろ。

新進気鋭のアート写真家展も最終日再訪問して
作家さんやらキュレーターの斎藤さんとかとお話してきました。

年末
大阪中崎町のzine・リトルプレス専門店
Books DANTALIONさんに納品していた写真集「to ten」もようやく販売開始
http://www.books-dantalion.com/SHOP/D-0428.html

ほんと少しづつですが進んでるかも?
さて10日〜11日は宮城県塩釜に行ってきます。
こちら現在住んでいるところからの方位がTHE北東!!!
気をつけないといけない一番の方位となっております。
ぞぞぞ。

なにかあったらほんとごめんなさいね。

続きを読む

3日|御茶ノ水・浅草 写真巡り

ギャラリー巡りではなくて写真巡りなのは
展示はこの日さっき感想を書いた森岡書店とバウハウスだけで
浅草のPIPPOは現在展示作品を募集中の状態
浅草浪花家さんは移動図書館が来ていて
浅草や浪花家さんのイメージで集められた写真集が自由に閲覧できる面白い企画をしている最中。
なのであえてギャラリーではなく写真巡りとしてみました。
こういう写真にまつわる一日も素敵です。

続きを読む

写真参り|森岡書店 森 まき写真展「IN MY NATURE」

3日 友達の写真展最終日
飯沢耕太郎さんのトークは夕方だったのだけれど
他の写真展をみてからのついで参りならぬついで観はあまりしたくなくて
13時オープン直後観に行って
そのあとどこかを回って
浅草でたい焼き食べながらゆっくり写真集をみて
また同じ展示に戻るコースにしようと決めてみた。
この日の中心はまきさんの展示。
一日の最初と最後
ふんわり風呂敷に包むような流れ
結果的にちょっとふんわりでもなかったけれど
きゅきゅきゅっといろんなものがつながった一日になった。続きを読む

26日|下北沢・南青山ギャラリー巡り・トーク

ユナイテッドビル2F アクチュアル・プルーフ下北沢内
ヨシモトシンイチ展 「Pseudo」

The Cave(根津美術館前)
Takashi Homma
「MORE Mushroom (外国のキノコ)」

岡本太郎記念館
ヤノベケンジ:「太陽の子・太郎の子」
トークイベント&サイン会

続きを読む

26日|G−Tokyo2012

六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリー
G-Tokyo 2012

アカデミーヒルズ「スカイスタジオ」六本木ヒルズ森タワー49階
G-tokyo2012 トークセッション 『山口 晃 トーク』

トークが12:30開場だったので
先に展示を見て、山口さんのトークに参加。

順番にブースをのぞいて3周会場を回る。
このイベントはいまのところ皆勤。
最初の2010年に出会った作品のインパクトから比べると
(知らない作家さんが多かった)
年々うーんというかんじになってきているけれど
今回はタイトル・作家の情報がはっきり提示ないので何事も聞かないとわからない作品が多かった気がする。
かといって購入希望でもコレクターでもないのでおいそれと聞けないものだから
あまりひとつひとつ作品の説明を聞くこととなく、興味のあるもののみ流す感じで見た。続きを読む

25日|新美/神宮前(表参道)・末広町・銀座・六本木ギャラリー巡り

新美
文化庁メディア芸術祭

EYE OF GYRE/GYRE 3F 
MEDIA GEIJUTSU [Bright]
近森基++久納鏡子(plaplax) 《Tool’s Life》シリーズ 他
クワクボリョウタ 《いち、に、たくさん》(GYREバージョン)
トーチカ 《Green Fairy》 他


3331
TOKYO FRONTLINE 2012

CHANEL NEXUS HALL - CHANEL GINZA
『PARIS SERA TOUJOURS PARIS! ―エリオット アーウィットが見つめたパリ―』
http://www.chanel-ginza.com/nexushall/2012/erwitt/index.html

Zen Foto Gallery
石川真生 「日の丸を視る目」

Taka Ishii Gallery Photography / Film
Shoji Ueda "Mode in Dunes"
植田 正治「砂丘モード」

ワコウ・ワークス・オブ・アート
James Welling
ジェームズ・ウェリング
"ワイエス"

オオタファインアーツ
梅田哲也「待合室」

続きを読む
ギャラリー
  • 東京オペラシティ アートギャラリー|さわ ひらき〜Under the Box, Beyond the Bounds
  • ICC ONLINE | 磯崎新 都市ソラリス
  • 府中市美中館|O JUN ―描く児
  • 映画『鑑定士と顔のない依頼人』
  • 映画:愛のむきだし
  • 地元の天皇陵に行ってみた。きっかけは去年・伊奈英次の『Emperor of Japan』を見たから。
  • 地元の天皇陵に行ってみた。きっかけは去年・伊奈英次の『Emperor of Japan』を見たから。
  • 地元の天皇陵に行ってみた。きっかけは去年・伊奈英次の『Emperor of Japan』を見たから。
  • 地元の天皇陵に行ってみた。きっかけは去年・伊奈英次の『Emperor of Japan』を見たから。
最新コメント
QRコード
QRコード
Twitter
最新トラックバック
ラヴカのランチメニュー (デジタルキッチンのレストランガイド)
武蔵小山カフェ:LUVCA*musashikoyama
『Genius Party Beyond』応援隊第一弾募集! (STUDIO4℃制作『Genius Party Beyond』〜パーティの裏方〜)
STUDIO4℃:Genius Party Beyond
  • ライブドアブログ