2012年04月

西荻窪にて|魚コレクション追加

久しぶりに西荻窪に行く用事があって
浅草善哉のアートディレクションを手がけたお店魯山に。

お店に行くと何点か写真も飾ってあって
永久展示ですか?と聞くと写真集を販売している間はねぇとのことだった。
入り口すぐのところにある大きな瓶の中の黒いメダカについて聞くと
日に当たると黒さがぬけてだんだんと透明になっていくらしいよと
でも専門家じゃないからっていろいろお話していただいた。
そつない会話がとても面白い。

たまたま
鯉?魚が描かれた小皿があったので購入★

背景はこの日、他のお店で買った帯
水紋の模様が涼しく色も夏らしいなと思って購入★

江戸東京博物館|ザ・タワー〜都市と塔のものがたり〜/太陽の塔 黄金の顔

20120222_2423304
19世紀末から20世紀にかけての3つの都市―パリ・東京・大阪に生まれた塔を中心に、さまざまな「都市と塔のものがたり」を、江戸東京博物館所蔵資料とオルセー美術館をはじめとするフランス国内の貴重なエッフェル塔関連資料などにより、紹介。

20120227_2427374
常設展示室 特集展示「太陽の塔 黄金の顔」

続きを読む

平間至・齋藤陽道 トークイベント「せかいに至る道...」@浅草浪花家

美味しいたい焼きと一緒に、写真家二人による写真を通しての対話(筆談)
2人のナイショ話をこっそり見守るような感覚でお話を垣間見ていく。

「感動」というタイトルについて
光と闇
「補聴器」を捨ててからの世界・それぞれの「補聴器」とは
音・音楽とは

お互いの「世界をどんな風に感じ見ているか?」を知るとてもいい筆談ショーだった。続きを読む

B GALLERY/コニカミノルタ

▼B GALLERY
芸術家Mの舞台裏:福永一夫が撮った「森村泰昌」


▼コニカミノルタプラザ
第37回木村伊兵衛写真賞 受賞作品展
田附 勝 写真展 「東北」

続きを読む

佐藤信太郎「東京|天空樹」林忠彦賞受賞記念写真展:富士フィルムフォトサロン

第一印象がPGIよりもなんか良いぞと。
そして一歩近づいて「ん?あれ?」って思う。

にょきっと突き出したツリーのある構図に目がいきがちで
ひたすら引いて見たいたことに気づいた。
ようやく面白さに気づかされた。

構成・構築された世界。
人間の目だけではこうはとらえられない世界。
どうやら風景ばかりに目が行っていたらしい。
何が写っているかに。

でもよく考えてみるとありえない世界が目の前にある。
写真自体にしっくりと自分の中に入ってこなかったのは
見たことありそうな景色なのに一度もそう見えたことが無いどこかおかしいぞという違和感だったのかもしれない。
きっと脳の中での混乱がもやっとした好きでも嫌いでもない不思議な写真という位置づけになったのかもしれない。

ずっとどこまでもリアルで、リアリティーのある世界がそこにあると思っていた。
でも実際にはありえない(そう見えない)世界がそこにあった。
気づくのに時間かかりすぎですよ。頭悪すぎ。

そして、

ご本人がいらっしゃたのに何も聞けなかった。
話しかけられなかった。

でもきっといつかタイミングがあるだろうと思う。
スカイツリーのある風景があたりまえになりつつあるなかでかんじる違和感とどこか非リアルなスカイツリー。
実際のスカイツリーも佐藤さんの写真もきっと好きになる日が来ると思う。
でももう少しそれはとっておこうと思った。

2012 THE BEE | NODA・MAP 水天宮ピット

初日ですよ。観て来ました。
flyer_theBee
原作:筒井康隆〜「毟りあい」(新潮社)より〜
共同脚本:野田秀樹&Colin Teevan
演出:野田秀樹

キャスト
宮沢りえ/池田成志/近藤良平/野田秀樹

続きを読む

会田誠展プレイベント「会田誠の世界」|六本木アートカレッジ

森美術館で会田さんの展覧会が決まったもののその資金を一般から募るということで
展覧会の展開・会田誠の作品についてゲストが語るという面白い企画があったので参加。

*****

第1部は、会田誠と本展キュレーターの片岡真実による対談。
会田作品の背景に流れるストーリーと展覧会の魅力について


第2部では、『REAL TOKYO』編集長の小崎哲哉氏をコーディネーターに迎え、会田の作品に衝撃を受けたゲスト3名の"会田誠論"。

ゲスト
2011年に現役の大学院生でありながら『きことわ』で第144回芥川賞を受賞した朝吹真理子
物理とコンピューターの力を駆使し、宇宙の謎を解明する天文学者の小久保英一郎
漫画家・コラムニストなどとして幅広く活躍中の辛酸なめ子


第3部では、「会田誠展」開催に際し、会田誠の芸術に賛同し、サポートしてくださる個人の方々を広く募るプロジェクト「会田誠:平成勧進プロジェクト」の概要を紹介。
アーティストや美術館に一歩踏み込んだ、アクティブなオーディエンスとしての関係づくり。
*****

続きを読む

映画「はじまりの記憶 杉本博司」シアター・イメージフォーラム

上映前にトークがあったので土曜日の夜観て来た。
ゲスト:渋谷慶一郎(音楽家)、鈴木心(写真家)
聞き手:中村佑子監督

ライブ前で疲れを払拭したいのかちょっとテンションの高い渋谷さん。
すでにハイテンションな鈴木さん。
そんな2人に振り回される中村監督。

ぶっちゃけなトークが続き
音楽がいいんだよ!とかTVっぽいのがいいということやら
もうすこし杉本さんのユーモア・ジョークがあってもいいんではないかとか。
いろいろはっちゃけたトークで面白かった。
hajimari
続きを読む

東京都写真美術館|幻のモダニスト 写真家堀野正雄の世界/生誕100年記念写真展 ロベール・ドアノー

幻のモダニスト 写真家堀野正雄の世界
写真家堀野正雄の世界

生誕100年記念写真展 ロベール・ドアノー
生誕100年記念写真展 ロベール・ドアノー
続きを読む

大友克洋GENGA展|3331Arts Chiyoda

otomogenga
http://www.otomo-gengaten.jp/続きを読む

六本木ギャラリー巡り

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
奈良原 一高

Zen Foto Gallery
沈學哲「邊界之地豆滿江」Shen Xue Zhe "Douman River on the Border" 写真展


OTA FINE ARTS
さわひらき 「追伸」


WAKO WORKS OF ART 六本木
Miriam Cahn ミリアム・カーン
"私のユダヤ人、原子爆弾、そしてさまざまな作品"

続きを読む

MOUNT ZINE 3|IID 世田谷ものづくり学校

21日・22日とIID 世田谷ものづくり学校で開催されたMOUNT ZINE 3
在庫がたんまりとある『to ten』を出品!
MOUNTZINE

続きを読む

お知らせ★MOUNT ZINE 3に『to ten』(110写真集)出品

MOUNT ZINE 3というイベントに『to ten』出品いたします!
http://ffllaatt.com/mountzine/

世田谷ものづくり学校(IID)1F マルチプルスペース
4月21日(土)・22日(日)
21日:13:00-19:00(最終入場18:30)
22日:11:00-19:00(最終入場18:30)
オープニングレセプション:21日 17:00〜

〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-4-5
東急田園都市線 池尻大橋駅 徒歩10分
地図はコチラ
03-5481-9011
http://setagaya-school.net/

=====
イベント終了後もウェブ・イベント・ショップと継続されていきます。
代官山の蔦谷書店でのイベントも決定しているので、こちらもとっても楽しみ!
21日のレセプションには参加する予定ですのでぜひぜひお越しくださいませ!

続きを読む

2012年さくら

Get the flash player here: http://www.adobe.com/flashplayer

カメラ:CONTAX Aria
レンズ:Planar50/1.7
フィルム:コダックProFotoXL ISO100
撮影場所:MOMAT前・千鳥ヶ淵・蒲田・北馬込・洗足池

去年よりかなりいいかんじ♪
いろんな桜のある風景。
何箇所も名所が回れる時間もないのでもっといろんなところに行きたかったけれど
これだけ撮れてればいいかと思っちゃった。

茶色い枝があまり目立たないところを探して撮ると
あのもりもりっとした桜になるってわかっただけでも進歩かなぁ。
枝垂桜がやっぱり綺麗。行けなかった六義園が悔やまれる。続きを読む

映画:セイジ 陸の魚

太宰治賞を受賞した辻内智貫の人気小説を、俳優の伊勢谷友介が『カクト』に続く監督第2作として映画化。
破滅と救いが世界を変えていく。
僕は20年前のあの夏へ帰っていく。
セイジと出会ったあの夏へ。
seiji
今はもう寂れてしまった国道沿いのドライブイン。
大学最後の夏休みに自転車でひとり旅をしていた“僕“と、そのドライブインで純粋に生きる男セイジとのひと夏の日々を描く。
不器用にしか生きられない男たちの他者との関わりを描く、伊勢谷監督渾身の魂の慟哭の物語。

続きを読む

田町・広尾・新宿ギャラリー巡り

▼田町
PGI
清家冨夫 作品展 「OVERLOOK」
28日(土)まで


▼広尾
Instyle Photography Center Information
「Living with photography」(写真とともに生きる)
29日(日)まで
濱田トモミ HAMADA, tomomi
猪俣 肇 INOMATA, hajime
金子典子 KANEKO, noriko
木戸孝子 KIDO、takako
南 しずか MINAMI, shizuka
大橋英児 OHASHI, eiji
斉藤秀之 SAITO, hideyuki

▼新宿

新宿ニコンサロン
高橋ジュンコ写真展「Fade Out Changdian / LOST WORLD」


コニカミノルタ
A
小池英文 写真展
「海と人のあいだ 〜After The Flood〜」
B
高橋あつこ 写真展
「工場の呼吸 〜キューポラの町から〜」
C
伊原美代子 写真展
「みさおとふくまる」

続きを読む

「ウィークタイ」と「ストロングタイ」

日曜日情熱大陸を見て
昨日は録画しておいた日本のジレンマを見た。

共通していたのは
フリーランスの安藤美冬さん(@andomifuyu)
なんかいいタイミングでみれたなぁと思って自分をほめたいところ
共感したのは
日本のジレンマの中で彼女が発言していた「ウィークタイ」と「ストロングタイ」
「ストロングタイ」は強い絆 家庭・会社・生活に密着しているつながり
「ウィークタイ」はツイッターなどで顔見知りではないけど知っている・たまに顔をあわすなどゆるいつながり

このウィークタイを上手く利用して生活していくことが現代で生き抜く知恵みたいなことが交わされていて
激しく同意。うなずいた。

ツイッターは自分の専属記者。
TLは新聞の記事。
こんな楽しい紙面は無いよと思う。
最近のアートシーンの情報源はほぼツイッター。
興味のあることとちょっと興味のあることをまぜるとぐんと世界は広がる気がする。
今の時代に生まれてこれだけはちょっとラッキーと思う。続きを読む

戸越ぐるり屋さんにてコレクション追加★芹沢げ陝ヽ┿

久しぶりに古道具屋さんへ。
さびものが大好きだったりするので空間にいるだけで落ち着く。
魚の描かれたお皿はあるかしら?と思ったらこれが!

裏をみたら芹沢げ陲里名前。
今日 空 晴レ 又
壁掛け用だったらしく紐が通せるようにもなっていました。
525円
良い買い物〜♪

久しぶりにコレクションふーえたっ!続きを読む

instagram試行錯誤 VOL1

アンドロイド版が出たので楽しく使っています★
でもものすごく荒くなってしまうので・・・・
PCからFBとかでみるとしょぼーんとしてしまったり。
でもまぁ
楽しいのできっとこれで良いんだと思います!

あはっ

で・・・
IS05さんのフォーマットから真四角に加工するわけだけど
昨日撮ったなかでトリミングのしかたでだいぶ違う写真が出来たのでUP!

オリジナル
続きを読む

編集のススメ 世界にひとつの本箱 展トークイベント『さあ、生活を編集しよう。vol.1』 鈴木芳雄氏 × 岩渕貞哉氏

実際所蔵している本を実際に本棚に展示するとい面白い内容。
これは話を聞かないと分からないことばっかりだと思ってトークイベントに参加。
フクヘンさんのなんで2冊以上あるものがこんなにあるの?についても解決!
聞きに言って正解★
お二人の展示している本棚の書籍についてや編集、仕事についてをたっぷり2時間。
とても楽しいお話が聞けました。

続きを読む
ギャラリー
  • 東京オペラシティ アートギャラリー|さわ ひらき〜Under the Box, Beyond the Bounds
  • ICC ONLINE | 磯崎新 都市ソラリス
  • 府中市美中館|O JUN ―描く児
  • 映画『鑑定士と顔のない依頼人』
  • 映画:愛のむきだし
  • 地元の天皇陵に行ってみた。きっかけは去年・伊奈英次の『Emperor of Japan』を見たから。
  • 地元の天皇陵に行ってみた。きっかけは去年・伊奈英次の『Emperor of Japan』を見たから。
  • 地元の天皇陵に行ってみた。きっかけは去年・伊奈英次の『Emperor of Japan』を見たから。
  • 地元の天皇陵に行ってみた。きっかけは去年・伊奈英次の『Emperor of Japan』を見たから。
最新コメント
QRコード
QRコード
Twitter
最新トラックバック
ラヴカのランチメニュー (デジタルキッチンのレストランガイド)
武蔵小山カフェ:LUVCA*musashikoyama
『Genius Party Beyond』応援隊第一弾募集! (STUDIO4℃制作『Genius Party Beyond』〜パーティの裏方〜)
STUDIO4℃:Genius Party Beyond
  • ライブドアブログ