アートラインウィーク2007
aa7c969a.jpg
11月3日〜11月11日
多摩川沿いを走る東急多摩川線全7駅およびその沿線地域を舞台に、「多摩川アートラインプロジェクト アートラインウィーク2007」を開催

なんだかとっても面白そう!

っということで
4日のプログラムが面白そうなので行ってこようと思う。
主な参加アーティストは以下の通り
449578da.jpg

浅葉克己:アートディレクター
1940年神奈川県生まれ。代表的な仕事に、西武百貨店「おいしい生活」、日清食品「カップヌードル・シュワルツェネッガー食べる」、武田薬品「肉体疲労にAじゃないか」、アステル東京「愛してる人とピーしてる」、キリンビバレッジ「日本茶玄米」パッケージデザインなど。

清水敏男
TOSHIO SHIMIZU ART OFFICE代表、学習院女子大学教授、美術評論家。1953年大田区池上生まれ。ルーヴル美術館大学修士課程修了。東京都庭園美術館キュレーター、身と芸術館現代美術センター美術監督を経て、現在インディペンデントキュレーターとして展覧会やパブリックアート、アートイベントをプロデュース。

中井検裕
東京工業大学大学院社会理工学研究科教授、博士(工学)。1985年大阪生まれ。1986年東京工業大学大学院理工学研究科社会工学専攻博士課程満期退学。著書に「都市美」(共著)、「景観法と景観まちづくり」(共著)などがある。

間島領一:アーティスト
現在大田区在住。オディス・バースンズ美術大学大学院修了。「食」をテーマにしたアートを多く手がけ、常に新しいアイディアで斬新かつ強いインパクトを持った作品群を長年制作し続けている。身と芸術館や、岡本太郎美術館、シドニー現代美術館など、国内外の多くの展覧会で作品を発表。

ハービー・山口:フォトグラファー
1950年大田区馬込生まれ。70年代のロンドンの姿を写真に記録、高い評価を受ける。アーティストからちまたの人々までを撮影した、気取りない優しい表現のモノクローム作品を手がけ、写真集や写真展の他にエッセイ執筆、ラジオDJとしても活躍。山崎まさよしや福山雅治らのCDジャケット撮影も手がけている。

フロリアン・クラール:アーティスト
1968年ドイツ・シュトゥットガルト生まれ。現在、神奈川県在住。シュトゥットガルト国立美術大学卒業後、武蔵野美術大学非常勤講師。90年代半ばより来日し、音楽や科学、数学に基づいた作品を制作。国内で多くの展覧会に参加、またパブリックアートを制作するなど、近年めざましく活躍している若手作家。

吉田重信:アーティスト
1958年福島県生まれ。現在、福島県在住。独学で美術を学んだ後、1991年から太陽光線を利用したインスタレーションや映像作品を発表し、国内外で高い評価を得る。数多くの展覧会で作品発表する一方、パブリックアートも国内で数多く制作。