ポニョってきました!!
89fe1520.jpg
公式HP
初日レイトショーにて見てまいりました。
今年は陰日向も初日に見たので初日づいてる年ですね・・・
21:45〜の上映時間にもかかわらず
マニアやらカップルやらで大きめのシアターの客席はほぼいっっぱい。
恐るべしジブリアニメ!!

肝心の感想ですが。
おもしろかったですよ♪
笑えます。

ジブリ&日本アニメーションのアニメで育っているわけですから。
そりゃ面白くて当然です。

といわけで
宮崎ワールド大展開!のアニメでした。
ハイジ・コナン・ルパン・トトロ・魔女宅・千と千尋・ハウルまで
ほんと全て詰まっています。

ぽにょが途中ハイジにしか見えなくて・・・
笑いをこらえるのが必死でした笑い

海に棲むさかなの子ポニョが、人間の宗介と一緒に生きたいと我儘をつらぬき通す物語。

宗介は5歳とは思えない天才ぶり。
宗介の母リサは<女は港よっ>っていうかんじのものすごくしっかりした人で
かなり憬れました。
だんなが帰らないことを知って拗ねるところもあり
ちょっと子供っぽいところもあったりするけど
不思議な出来事もそんなこともあるわよねっ程度に考えてしまう、心の広い人。
子供にお母さんじゃなくて「リサ」と呼ばせてるあたりかなり理想。
宮崎さんの描くお母さんはほんといつも芯があって強い。
見ていて気持ちがいいです。

そのお母さんの勤める老人介護センターには
素敵なおばあちゃんたちも出てきます。
そのおばあちゃんもかわいくて物語のキーポイント!

やっぱり宮崎アニメは子供とお母さんとおばあちゃんです。
男性人の影が弱いあたり宮崎さん大道なアニメです。

あー忘れちゃいけません。
それと今回海が舞台なところもあるので・・・
群集の場面がかなり多いです。
魚の群れ
金魚(人面魚)の群れ
くらげの群れ
フナムシの群れ
波の群れ
すごいです。
真っ黒クロスケの10倍以上すごいです。
ちょっと子供からしたら怖い・気持ち悪いとかんじるかもしれません。
こちらとしてはかなり苦笑。

全体をとおして全部手書きというところもあって
色がきれいで久しぶりに気持ちのよい配色な映像だったのですが
デジタルの動きに慣れている所為か
宗介の動きやぽにょの動きに絵がついていってなかったような気がして
映画館が悪いのかな・・・・
そこだけちょっと残念でした。
それでも
この二人の表情やしぐさ。
たまりませんよ。
目の輝き。
にまぁ〜っとした笑顔。
ちょっとした動作がほほえましかったです。
幸せな気持ちになりました。

最近笑ってない人。
こころが冷え切っている人。
ぜひ

これはこどもむけじゃありません。
大人が見るもんです。

そう思いましたw