ちょっと121分は長かった気がするけど・・・
海外の映画祭で賞が取れる作品なのではと思いました。
いやこの際ぜひとって欲しい。そう思える映画でした。
52f5198c.jpg
まだ見てない方にひとつ。
エンドロールが終ってからも少し内容が残っているので
必ず最後まで席を立たずに座って待ちましょう。

公式HP※フラッシュで重
ニフティー特別サイト※HTMLで軽&壁紙もある笑い
パイロットになりたかったという監督
一度は美しく飛ぶ飛行機をアニメーションでということで
夢をそのままにスクリーンで実現した作品でもあるわけですが
監督の思い入れがあるわりにそこまで自己中心的な一方的な内容でもなく
メッセージもあり、ストーリーもよくまとまっていて比較的わかりやすい内容だったと思います。

広大な大地・草原・空など自然を実写のように自然らしく
人物の自然な動き・しぐさ
音までもすべてにこだわりぬいた
徹底された世界観
いつものことながら素晴らしいのひとことです。
アニメーションを1本見たというよりは1本の映画を見たかんじです。

完全な平和が実現した世界で、大人たちが作った「ショーとしての戦争」。
そこで戦い、生きることを定められた子供たちがいる。
思春期の姿のまま、永遠に生き続ける彼らを、人々は《キルドレ》と呼んだ――。

もう一度、生まれてきたいと思う?

空と地表の境で繰り返される、終わらない、愛と生と死の物語。


映画や映像で描かれてきた戦争は必ず敵があり
善と悪がはっきりと描かれてきたはずです。
しかしこの映画にはそれがありません。
ショービジネス(ゲーム感覚)としての戦争が描かれています。

何も失うことの無い戦争
そしてパイロットたちは死んではまた再生する
ただ戦争を繰り返すだけの道具のようなクローン的な存在キルドレ
どうせ死ぬのだから大人になる意味など無い
そう主人公は言います。

それぞれの思いを抱えながら
空を舞い戦い続けるキルドレ
彼らは人間のエゴだけのために戦い続ける。

映像ひとつひとつから
その虚無感というか空っぽさが感じられる映画でした。
アニメだからかもしれませんが血の通ってないかんじがものすごくありました。
ですが
冷たくも無く、淡々としてるけれども時に感情があふれ出てて
ひとりひとりがちゃんと生きているということもわかる。
それがちゃんとスクリーンからかんじとれました。
生きるということを真正面から向かい合った作品なのではと思います。

キャストの印象は悪く無かったです。
草薙水素役の菊地凛子はちょっと棒読み的な部分もあって
気にはなったけど(英語の台詞の方が良かった)不器用なかんじがある意味出ていてそれはそれでありなのではと。泣き顔はちょっと耐えがたかったですけどね笑
その他主人公の函南優一演じた加瀬亮も土岐野尚史の谷原章介も役柄や雰囲気ととてもあっていて違和感ありませんでした。
栗山千明が演じた三ツ矢碧は上手かっただけに出番が後半だけだったのが逆に残念。
ストーリーの山場で大事なシーンもちゃんとこなしてましたし
笹倉永久(榊原良子) とのかけあいも凄い良かったです。

ほんと
榊原さんの声は一級品ですねぇ。
深いです。
報道ニュースのナレーションも渋いですがやはり映画館で聞くと奥深さがまったく別もんです。
押井作品にはほんと欠かせません。

欠かせない存在といえば犬ももちろんそうです。
この映画でも頻繁に主役と間違うくらい出てきます。
良い演技してます。
イイ味出してます。
かわいいです。

なので個人的には
エンドロール前の犬が右に抜ける前に
左方向に向かって一声鳴いて終って欲しかったです。
それで伝わったのではないかと思ってしまいました。

だけどより一層ストーリーを判ってもらうには
今の完成形がベストなのかもしれません。
何も知らずに情報なしで見た人はラストを見ても「?」かもしれないですしね。
なので多少いろいろ見たり聞いたり読んだりして映画を見た方がより入り込める内容かと。
原作は読んでないのでそこはどうかわかりませんけど。
ホームページくらいは読んでから見たほうが良いかもと思いました。
押井作品は設定が細かいのであるていど頭に情報が無いと把握できずに終ってしまうことも多いので・・・
ほんと番宣みてから見て正解でした!
ぜひ予備知識を詰め込んでみてみてください。

ほんとこんなに長い作品はちょっとしんどいですけども見る価値はあるかと。
戦闘機もほんと美しいですし
音もかなり良いので映画館で見ないと損をするかと思います。
音でビビッた作品は久しぶりです。
どこでビビッたかは内緒です。

さてヴェネチアで賞はとれるのでしょうか!?
それも気になりますね。
何かしら賞をいただけることを日本人として祈ってます。

映画を見た後だから面白いと思うサイトはこちら!
09de5a29.gif
主人公たちがパイロットとして雇われている戦争請負会社
日系企業「ロストック社」のHP
洒落がききすぎでおかしいですw
こういう遊び大好きだー