17日
なかなか足が向かなかった海岸通ギャラリーCASO
石川直樹さんのトークショーに
MOTOKOさんのワークショップに参加するため
若手写真家の発表・発掘の場「御苗場」未体験のチャンスを約束する写真フェスティバル 関西御苗場2009に行ってきました。
ca9653b5.jpg
http://kansai-onaeba.com/
■イベント
「石川直樹、写真と旅の日々」

チョモランマの登頂映像
北極圏・アラスカ・フィンランド風景写真
最新作 本島より北や南に位地する列島を撮った『ARCHIPELAGO』の写真
などを見ながら淡々と当時の話しを語る石川氏。
こんなにクールな人だったんだなぁと
また「僕は、冒険家ではない」と仰っていたのも印象的だった。
強いテーマを持つことと長いスパンで撮りつづける姿勢
誰も撮ったこと無い一枚を求める強い意思がこの冷静を装った中にふつふつとあるからこそ僻地であろうが危険な場所であろうが踏み込めるんだろうなと。
新美で見たダイナミックな写真をまたみたいと思った。

■御苗場写真学校
「人にで会う農にで会う-田園ドリームって何?-」
MOTOKO(写真家)×藤本和剛(Meets Regional 副編集長)
ゲストにMeets Regionalの藤本氏をお呼びし、MOTOKO氏が3年に渡り撮影している「滋賀」の作品シリーズを見ながら、被写体、コンセプトなど1つのプロジェクトがどう作られるか・・・

青山のワークショップにはずれて早一年・・・
実際のMOTOKOさんのさばさばした話しっぷりに終始圧倒。

プチ有名写真家になってもだめ
オリジナルなテーマと目線を持たないと駄目
寄ったり俯瞰で見たり虫や鳥の目になってものごとを見てとらえる
そんな素敵なことを仰っていた。

写真もストーリが見えるようにピックアップして見せているもが良いと

写真はやはりテーマとそれが紡ぐものがたり。
131組ものブースの写真の中でもグッと来る作品はそこまで多くない。
自分の良いと思ったものが他人に伝えられるかどうか
どこまで客観的にストイックになれるか。
今更ながらちょっと焦り。

来週は近江八幡で川内倫子さんのトークショーに参加予定。
写真づいている10月

そうそう
御苗場会場にてリコーの企業ブースにA1サイズに伸ばされたアムステルダム写真が!!
これ渡部先生がGRIIIで撮ったもの
コンパクトデジカメでここまで伸ばせるってスゴイです。
5499da52.jpg