最近無いなぁと思っていたらなんとリスパラを取り上げるとは!
よしながふみ作品よりオノ・ナツメ作品とはNHKやりますねぇ。
これだけで話し盛り上がるんかと思いましたが。
とりとめなくさらっと1時間過ぎていきました。
b0199cec.jpg
ゲスト : 川島明(麒麟)、皆川ちか(映画ライター)
やっぱりね。
つかみどころが少ないので
絵、レイアウト、空間の使い方、間
ココらへンがうまいっていう流れが主で
ゲストもどちらかというと落ちついている方だったので
このキャラのココがっ!!っていう
キャーキャーなかんじもいっさい無くサラーっとしたマンガ夜話でした。

今回はゲスト含め皆さん眼鏡で統一
夏目の目もキャラの「目」・「目線」を中心に解説していて
なるほどと納得。

ただ料理はおいしそうじゃないって皆さん同意見でしたねぇ。
そこはそう?なんて思いました。

こんな作品でも番組出来るんだねと司会の大月さん言ってたけど
ほんとその通り!

キャラについてもっと突っ込んだ内容でも良かったんだけども
絵の構成と絵で見せるマンガというところでまとまっていたように思う。

番組を見ていて
雑誌で連載しはじまったころを思い出した。

好みの絵柄ではあるけれど
立ち読みではなかなか読みこめなくて
実際単行本で読んだらものすごく面白かったというか
はまってしまったというそういう経緯があって今に至ので

なかなかぱっと読める内容では無いというとこらへんで
そういえばそうだと。
うなずいてみてました。

欲を言えば
リアル等身と小さい等身とかの話しもして欲しかったなぁと。
小さいサイズはやっぱりキャラの見分けがぱっとできないから
寄りつかれるのでそれこそパッと読めないんで
リアル等身派なんだけども。

まぁ1時間じゃ無理か。

さて今からマンガ読み返そうかなぁ
たまに読むとリスパラ泣けちゃうんですよねぇ。
老眼紳士に癒されるとします。

▼番組参考サイト
岡田斗司夫のゼネラル・プロダクツ
http://okada.otaden.jp/

いしかわじゅんホームページ
http://ishikawajun.com/